特定技能に関する情報をお届け

SMILEVISAブログ
 
   
   

特定技能2号の2024年試験日程はいつ?どこで受けられる?

公開日: 最終更新日: PV:167

みなさんこんにちは、SMILEVISAです!

特定技能2号は長年日本で働き、技術を身に付けた外国人人材の方で、特定技能1号よりもさらに熟練した技能を要する試験となります。そのため特定技能1号を保有している方が主な受験者となります。また特定技能2号は、全分野で実施されているわけではなく一部の分野に限定されて実施されます。

こちらの記事では、2024年の特定技能2号の試験に関する詳細についてお伝えしています。試験に関することや注意点をしっかり確認して理解を深めてもらえればと思います。

特定技能2号に必要な試験と条件は?

特定技能2号の試験が実施されている分野は以下の通りです。

  • 建設分野
  • 造船・舶用工業分野
  • 農業分野
  • 飲食料品製造業分野
  • 外食業分野

上記5分野以外は特定技能1号と特定技能2号で共通または特定技能1号のみの試験となっています。詳細については後述の「特定技能1号の試験は?」にてご確認いただけます。

また特定技能2号の試験がある5つの分野については、特定技能2号の試験を受けるにあたって技能試験以外に必要な条件がありますので、以下にて説明します。

建設分野

班長または職長として0.5年~3 年の実務経験が必要となる。

造船・舶用工業分野

造船・舶用工業分野において複数の作業員を指揮・命令・管理する監督者としての実務経験が2年以上必要となる。(試験日の前日まで)

農業分野

農業分野においては、以下のいずれかが条件となります。

  • 試験区分に応じた現場で(耕種農業または畜産農業)複数の作業員を指導しながら作業に従事し、工程を管理した実務経験が2年以上ある。
  • 耕種農業または畜産農業の現場で3年以上の実務経験がある。

飲食料品製造業分野

国内試験を受験する者は、以下の条件を満たす必要があります:

  • 在留資格を有する者であること。
  • 試験日時点で17歳以上であること。
  • 退去強制令書の円滑な執行に協力するとして法務大臣が告示で定める外国政府又は地域の権限ある機関の発行した旅券を所持していること。
  • 試験の前日までに飲食料品製造業分野において管理等実務経験が2年以上あること。管理等実務経験が2年に満たない場合は、試験の日から6か月以内に2年以上の経験を見込まれる必要がある。


※試験に合格することができたとしても,そのことをもって「特定技能」の在留資格が付与されることを保証したものではなく, 試験合格者に係る在留資格認定証明書交付申請又は在留資格変更許可申請がなされたとしても,必ずしも在留資格認定証明書の交付や在留資格変更の許可を受けられるものではないことにご留意願います。

(現在、国外での特定技能2号技能測定試験の予定はありません)

外食業分野

日本国内で実施される外食業2号技能測定試験(国内試験)を受験する者は、
以下の条件を満たす必要があります:

  • 在留資格を有する者であること。
  • 試験日時点で17歳以上であること。
  • 退去強制令書の円滑な執行に協力するとして法務大臣が告示で定める外国政府又は地域の権限ある機関の発行した旅券を所持していること。
  • 試験の前日までに外食業分野において指導等実務経験が2年以上あること。指導等実務経験が2年に満たない場合は、試験の日から6か月以内に2年以上の経験を見込まれる必要がある。

(現在、国外での特定技能2号技能測定試験の予定はありません)

※試験に合格することができたとしても,そのことをもって「特定技能」の在留資格が付与されることを保証したものではなく, 試験合格者に係る在留資格認定証明書交付申請又は在留資格変更許可申請がなされたとしても,必ずしも在留資格認定証明書の交付や在留資格変更の許可を受けられるものではないことにご留意願います。

特定技能2号の2024年試験日程はいつ?どこで受けられる?

特定技能2号の試験ある分野「建設分野、造船・舶用工業分野、農業分野」についての試験の詳細をお伝えしますので、それぞれ確認してください。

①建設分野

試験実施主体:一般社団法人建設技能人材機構

特定技能2号の試験区分は土木、建築、ライフライン・設備となっております。

建設分野特定技能評価試験の日程は下記の通りです。

実施場所2024年実施日程
東京会場(一般社団法人 建設技能人材機構 テストオフィス)2/5.19.26
3/4.11.18.25
4/8.15.22
5/13.20.27
6/3.10.17.24
7/18.22.29
8/5.19.26
9/2.9.30
大阪会場(大阪府立労働センター(エル・おおさか) 701 会議室)2/15.16
3/13.14
4/17.18
5/22.23
6/12.13
7/17.18
8/28.29
9/25.26
熊本会場(熊本市国際交流会館 第 3 会議室)2/29
広島会場(RCC 文化センター 6 階 601 会議室)3/21
福井会場(詳細未定)4/11
愛知会場(詳細未定)5/29
福岡会場(詳細未定)6/19
北海道会場(詳細未定)7/4
宮城会場(詳細未定)8/23
新潟会場(詳細未定)9/11
日程は随時更新されますので、こちらの一般社団法人建設技能人材機構HPよりご確認ください。

②造船・舶用工業分野

試験実施主体:一般財団法人日本海事協会

特定技能2号が実施される試験の業務区分は溶接のみとなっています。

試験場所や設備については、申請者本人が用意します。申請者が用意した場所に、会の試験監督者派遣されるかたちとなります。

2024年実施日程
1/15.22.24.25.29.31
2/5.15.16.19.26.29
日程は随時更新されますので、こちらの一般社団法人日本海事協会HPよりご確認ください。

③農業分野

試験実施主体:一般社団法人全国農業会議所

試験会場の詳細は全国農業会議所のサイトまたは、申し込みを行う専用のウェブサイトに掲載されます。

2024年実施日程
2/19~21
日程は随時更新されますので、こちらの一般社団法人全国農業会議所HPよりご確認ください。

④飲食料品製造業分野

試験実施主体:OTAFF 一般社団法人外国人食品産業技能評価機構

飲食料品製造業の2024年の試験日程は下記のとおりです。

実施場所実施日程
仙台3月29日
東京3月29日~30日
名古屋3月29日
大阪3月29日
福岡3月29日

受験者登録は2月15日10:00~2月26日23:59、試験申し込みは2月29日10:00~3月6日17:00となります。

⑤外食業分野

試験実施主体:OTAFF 一般社団法人外国人食品産業技能評価機構

外食業も飲食料品製造業と同じ日程での実施となります。

実施場所   実施日
仙台(ハーネル仙台) 29日
東京(タイム 24 ビル) 29日~30日
名古屋(名古屋コンベンション) 29日
大阪(大阪国際交流センター) 29日
福岡(福岡中小企業振興センター)   29日
※詳しい試験時間は後日、企業マイページにてご案内となっております。

飲食料品製造業・外食業の試験について、詳しくはこちらをご参照ください。

特定技能2号の試験の実施状況は?

実際の特定技能2号試験のそれぞれの合格率についてお伝えします。各分野で開催されている年月が異なりますので、それぞれ直近の試験結果となっております。

①建設分野

実施日程(試験場所)科目受験者数合格者数合格率
2024年1月15日 (東京都実施)2号ライフライン・設備4人0人0%
2024年1月22日 (東京都実施) 2号土木10人1人10%
2号建築 15人0人0%
2号ライフライン・設備 2人0人0%
2024年1月24日(大阪府実施)2号土木 5人3人20%
2号建築15人0人0%
2号ライフライン・設備1人0人0%
2024年1月25日 (大阪府実施)2号土木 9人0人0%
2号建築 12人0人0%
2024年1月29日 (東京都実施)2号土木16人1人6%
2号建築18人0人0%
2号ライフライン・設備3人2人67%
2024年1月31日(愛媛県実施)2号建築5人0人0%
2号ライフライン・設備 2人0人0%
一般社団法人建設技能人材機構HPより

②造船・舶用工業分野

実施日程(試験場所)方式受験者数合格者数合格率
2023年9月6日(広島県実施)出張方式3人3人100%
2023年9月6日(三重県実施)出張方式14人12人85.7%
2023年10月5日(岡山県実施)出張方式3人3人100%
一般社団法人日本海事協会HPより

③農業分野

実施場所試験区分受験者数合格者数合格率
日本国内各都道府県耕種農業全般38人3人7.8%
畜産農業全般19人9人47.3%
一般社団法人全国農業会議所HPより

④飲食料品製造業分野

特定技能2号試験これから実施予定

⑤外食業分野

特定技能2号試験これから実施予定

特定技能2号の試験に関する注意点

特定技能2号の試験を受けるにあたり、注意が必要なことを以下にまとめました。

試験を受ける際は最新の情報確認することが必要

現在公開されている情報は、現時点でのものです。随時更新されるもの、変更がある場合もありますので注意してください。また特定技能2号は1号と比べ受験者数も少ないので、申し込み人数によって開催場所や試験の有無等が直前で変更される場合もありますので申し込みは余裕を持って行いしましょう。

分野により必要条件が異なる

それぞれの分野で試験を受けるための必要条件を満たしている必要があります。受験直前に気づいてもすぐに条件を満たすことは難しいものもあります。試験までに間に合わないということがないように、特定技能2号の受験を希望している場合は、早めに必要条件を確認して取り組むようにしてください。

特定技能1号の試験は?

特定技能1号については、全ての分野で試験があります。試験内容はもちろんのこと、国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験の受験が必要など、条件が異なります。特定技能1号の試験を受けたいという方は、こちらの記事にて詳しく説明しています。

特定技能2号の2024年試験日程は常に最新情報をチェックしましょう

特定技能2号は、特定技能1号を取得し、働く中でより熟練した技能を持つ方向けに実施されている試験です。全分野で試験がある訳ではなく、建設分野、造船・舶用工業分野、農業分野の3つの分野にて実施されます。

特定技能2号の試験を受験するにあったって、満たす必要のある実務条件等がありますので、あらかじめ確認が必要です。

実施場所や実施日程は随時更新されていますので、受験を希望する場合はホームページや専用サイトなどで細かに確認してください。

SMILEVISAではこれから特定技能を自社支援で受け入れていきたい、特定技能の管理費を大幅にコストカットしたい、書類の申請を効率化したい!とお考えの受入れ企業様向けの特定技能管理システムを提供しています。

自社支援の開始に自信がない方でも、問題なく自社支援に切り替える伴走サポートもございます。当社をご利用した100%の企業様が自社支援を成功させています。特定技能の自社支援をご検討の方は、ぜひこちらよりお気軽にご相談ください!

SMILEVISA 運営
SMILEVISA運営スタッフです! 特定技能に関するビザ申請やお役立ち情報など発信しています。
       

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがさらに詳しくご説明いたします。

        お問い合わせ 資料請求